男性

開業について事前に知っておこう|塾の経営を安定させるための情報

外国人客による消費の拡大

ビル

外国人対象のビジネス

訪日外国人の増加の影響で、インバウンドビジネスが注目され始めました。訪日外国人数は2,000万人を超える勢いがあり、国も将来的にその倍以上の数を目標としています。外国人客が多くなればなるほど消費が増え、経済的にも潤うようになります。実際にその経済効果は3兆円を余裕で越えており、さまざまなビジネス分野にいい影響を与えているのです。インバウンド効果を直接受けている分野には、百貨店や土産店などの小売りに、飲食店や宿泊施設などが挙げられます。多くの外国人は、日本的なものを土産として購入する傾向があり、和食が世界的に有名になったことから日本のグルメが人気となりました。このような直接的な恩恵を受けるサービス業では、ただ外国人客に対応するだけでなく、外国語の使用や外国向けのサービスに力を入れ出しています。こうしたサービスがSNSによって世界中に広がり、リピーターや新たな外国人客の訪日でさらなるインバウンド効果が期待できます。そのため、外国人に喜んでもらえるサービスが、多くの分野で着々と進められています。そのサービスの1つに外国語の案内があり、外国語が話せる人材の需要がどんどん高まっています。それ以外にも、スタッフへの外国語講習も普及しており、ある程度の単語や英会話が求められるようになりました。こういった講習は専門の講師を招いて行われており、外国語の他にも海外の文化やマナーを学べる講習も受けられるようになっています。日本はこれから人口減少時代に入るため、国内に限ったビジネスはどうしても難しくなってしまいます。今後は海外に目を向けたビジネスが活発になると予想され、インバウンドビジネスもより普及してくると考えられます。

このエントリーをはてなブックマークに追加